白髪染め(ヘアカラー)でかぶれの薬は大丈夫!?

白髪染めでかぶれてしまった場合は、専門家である医師に相談することが大事ですが…


白髪染め(ヘアカラー)でかぶれの対処法は皮膚科で塗り薬と飲み薬をセットで処方するのが一般的です。


かぶれた時の塗り薬は、副腎皮質ステロイド外用薬を処方します。炎症を抑える強い作用があり、かぶれた部分に直接塗ります。


ステロイドはローションタイプと軟膏タイプがあります。


しかしステロイドは白髪染め(ヘアカラー)でかぶれの薬専門ではないのに、強力過ぎて副作用で更に頭皮があれる場合もあります。


白髪染め(ヘアカラー)でかぶれにはかさぶたや、じゅくじゅくとした頭皮になり、そこにステロイドをつけるとベタベタが更に増すことも!


白髪染め(ヘアカラー)でかぶれにはかさぶたや、じゅくじゅくになるのはジアミンアレルギーがほとんどの原因です。

ジアミンアレルギーは一度発症するとアレルギーなので、白髪染め(ヘアカラー)の時にまた発症します。


でも白髪染めは男性でも女性でもしないと老けて見えるし、でもあのヒリヒリするのは嫌だけどと悩みますよね!


白髪染め後のたびに荒れて、皮膚科のステロイドを長く使えばそれだけ副作用で頭皮がボロボロになりかねません。

白髪染め(ヘアカラー)でかぶれの薬の代わりの対処法

結局、定期的に白髪染めはするわけですから、頭皮をなるべく正常な状態に戻すことに重点を置いてはいかがですか?


白髪染めでかぶれるという事は頭皮が荒れている、敏感肌か乾燥肌だと思います。


その敏感肌か乾燥肌でも頭皮を荒れさせない状態に持っていけば、カラー後でも頭皮の状態は案心ではないでしょうか?


かぶれにくい頭皮に戻していくためには、まずはシャンプーをアミノ酸入りのに変更することから始めてください。


シャンプーは毎日して特にすすぎは重要です。


ドライヤー乾燥も8割くらいには乾かしてください、濡れたまま寝ると雑菌が繁殖してふけ、かゆみの原因になります。


爪は女性でも敏感肌か乾燥肌なら短く切ることをおすすめします。

頭皮の状態により「すこやか地肌」シャンプーか美容液を使いわける対処法

「すこやか地肌」とはシャンプーも頭皮美容液も同じ無添加の成分を使用しています。


どちらも頭皮炎症のための商品で敏感肌か乾燥肌にも案心して使えて、アレルギー試験済みです。
(アレルギーは症状によりかなりの違いがありますので全員に案心とは断言できません)

万が一1ヶ月使ってみて肌に合わなければ45日間返金保障がついています。


頭皮のかぶれの状態がそんなに酷くなければ、「すこやか地肌」シャンプーだけでも頭皮は炎症を軽くしてくれます。


頭皮のかぶれの状態があまり良くない症状には頭皮美容液「すこやか地肌」をオススメします。


更に頭皮が酷くじゅくじゅくでヒリヒリな状態なら両方使うと治りも早く、頭皮を元の状態に戻す作用が増すと思います。


実際に公式サイトでは多数の直筆のお礼のメールが載せてあります。